2010年03月26日

核持ち込み、あり得た=東郷氏(時事通信)

 東郷和彦元外務省条約局長は19日午前、衆院外務委員会の「密約」問題に関する参考人質疑で、「(1998〜99年の)条約局長時の認識としては、核持ち込み(の事実)はあり得たと思っていた」と述べ、91年に米国が核兵器の艦船への搭載をやめる以前は、核搭載艦船の日本への一時寄港が行われていた可能性があると認識していたことを明らかにした。 

【関連ニュース】
〔用語解説〕「核持ち込み」
「氷山の一角、全容解明を」=肩代わり「密約」経緯そらんじ
「密約文書」破棄の可能性=後任に引き継ぎ、元外務省局長が証言
大平氏、「核密約」解消を模索=元秘書官が回顧録
「密約」、19日参考人質疑=元外務省幹部が証言

水俣病未認定救済、首相が和解案受け入れ表明(読売新聞)
米の現行案以外の受け入れ、首相が期待感(読売新聞)
鳩山邦夫氏の離党を承認 除名処分は見送り 自民党(産経新聞)
「失望している」 グーグル問題で米ホワイトハウス(産経新聞)
「危機的だ」政権内部からも悲鳴 参院選戦略見直し論も(産経新聞)
posted by タシロ ミツオ at 18:08| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。